出会い系のコツはプロフィールの書き方にある

出会い系サイトで最も基本的な自己PR方法は、プロフィールを充実させることです。そして、プロフィールの書き方には”コツ“があるので、覚えておいた方が良いです。

短い文章で、最大限の自己PRをするように心がける

わたしは、たまに同性のプロフィールなどを見る事があります。どんな風な人が登録しているのかとか、他の人のプロフィールを見ていて学ぶ事がたくさんあるからです。

そして、同時に「あーこの人プロフィールの書き方ですごく損しているな」という人もいます。 まず、自己PRで自分の人生をすべて説明しようとする人がいます。これは絶対にNGです。長すぎて完璧にスルーされます。

相手が自分の歴史を知ろうと思ってくれるのは、興味を持ってくれた時だけです。好きな相手なら頼まないでも相手から質問してきます。

まず、自分から知ってくれ知ってくれというのは押し付けでしかなく、相手にとっては圧を感じてしまいます。なので、1分くらいでさらーっと読める文章で、自分の特徴を伝えましょう。

女性の気もちを考えて書く

女性は男性が思っている以上に、ものすごい量のメールが届くらしいです。特にかわいい女の子にはメールが集中するので、ひとつひとつ返信する事なんて不可能です。

よく女性のプロフィールを見ていて書かれてあるのが、「メールがたくさんきすぎて返せない」とか、「怖い」といったメールです。 こんな気持ちを持たせてはいけません。返事がこないからといって怒るのなんて論外です。

相手の気持ちを考える」これが出来ないと女性には絶対に好意を持たれません。自分が、自分がではなく、思いやりを持てる大きさが、女性を引き付けます

実際の書き方

職業・年齢・身長・体型・趣味・最終学歴・好きな異性のタイプなど、公表出来るところは全部書いておきましょう。最初に対象を絞る事も大事です。すべての会員と話す事なんて不可能ですからね。

公表したくないところは「仲良くなってから話します」と言えば良いです。ポイントはゆとりを持たせること。明るさを見せ、楽しそうな雰囲気を感じさせること。

つまりは”メリット“を感じさせればメールは来ます。それと写真は絶対にのせましょう。それで雰囲気を伝えると、アクセスもかなりあがります。

優良出会い系サイト比較ランキング!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ